名古屋文理大学はせ研日誌+サイエンスサークル+情報メディア学部長ブログ

haseken.exblog.jp
ブログトップ

「新しいiPad(第三世代)」を配布予定

名古屋文理大学 情報メディア学部(24年度開設!)情報メディア学科
では、昨年のiPad無償配布(日本の大学で初)に続いて今年も無償配布を実施します。

情報メディア学科では、2010年に日本の大学で最初にiPad無償配布を計画し、1年をかけて様々な準備と試験導入を行って、2011年度にiPad 2を入学者全員に配布しました。
iPadは、授業で活用しているほか、授業外の学生生活支援やコミュニケーションの活性化に役立てています。自主研究グループ「iPhone道場」などによるiOSアプリ開発もますます活性化し、産学連携のプロジェクトがいくつも進んでいます。2012年度からは履修登録や学習カルテなどのシステムもiPadに対応します。

日本時間3月8日、iPad 2の後継となる新製品「新しいiPad(The new iPad)」が3月16日に発売されることがサンフランシスコで開催されイベントでApple社のCEOティム・クックより発表されました。
発表によれば、「新しいiPad」では、画面解像度やカメラの性能などが大幅に向上し、日本語の音声入力にも対応するなどの改良が加えられ、ますます利用の幅が広がると期待されます。

名古屋文理大学では、これまで進めてきた計画に則り、以下のように新型のiPadを2012年度情報メディア学部の新入学生に配布する計画をしています。

配布機種:
「新しいiPad」 (Wi-Fi 16GB) (Apple社)

無償配布の詳細:
配布するiPadは、卒業まで学内学外で自由に利用でき、授業などでも利用します。
管理・保管は、学生が各自の責任で行います。
iPadの故障・盗難(盗難照明書が必要)などは、4年間保険(保険料も大学負担)によって保障され、授業での利用に支障がないように、急な故障のための代替機も大学に用意します。
ただし、保険適用外(故意や重大な過失による故障、置き忘れ・紛失など)の場合は学生負担となります。
配布時に「借用書」を提出してもらいます。配布されたiPad 2を学生が在学中に第三者に貸与および譲渡することはできません。
各自のiPadは卒業時には、学生に無償譲渡されます。

付属品などの購入について:
本体とは別売の付属品やケース等については斡旋価格にて学内販売を予定しています。
また、Apple社の製品は、本学が加入している「Apple on Campus」により、在学中はいつでも学生価格よりさらに安い特別価格で購入できます。
なお、授業などでiPadの有料アプリが必要な場合に教科書や教材と同じく学生負担となる場合があります。

上記予定についての詳細は、決まり次第入学生にお知らせします。
(予告なく内容に変更が生じる場合もあります)
[PR]
by ha_se_don | 2012-03-08 06:41 | 情報メディア学科

名古屋文理大学はせがわ研究室の研究日誌+名古屋文理大学 情報メディア学部長 長谷川聡のブログ+名古屋文理サイエンスサークル(NBSC)の掲示板


by ha_se_don