名古屋文理大学はせ研日誌+サイエンスサークル+情報メディア学部長ブログ

haseken.exblog.jp
ブログトップ

iPadの利用について学生の意識調査の結果

名古屋文理大学(愛知県稲沢市)では、情報メディア学科1年生全員にiPadを無償配布して、授業や学生生活に利用して約2カ月がたち、8月4日をもって前期の授業を終了した。
iPadは授業では、少人数ゼミから必修科目までさまざまな科目で利用し、資料のデジタル配布、大学オリジナルテキストの電子化、Twitterなどによるコミュニケーション、電子辞書、Web検索の利用、学習用アプリの利用、e-Learningの利用、Handbook(インフォテリア社)のLCMS(Learning Content Management System)としての利用を行ってきた。
また、授業だけでなく、学生生活の場面や、資格支援・就職支援(SPI)など様々な使い方を実施してきた。

この度、iPadの教育利用の効果を検証するため、iPadを配布した95人の学生を対象(回答者数はアンケートを実施した授業の受講者数などによって設問ごとに異なる)にアンケートを行った。
アンケートはLCMS(Handbook)を用いてiPad上で実施された。

以下にアンケート結果の一部を公開した。
[アンケート結果]
http://www.nagoya-bunri.ac.jp/~hasegawa/iPad/NBUiPadEF.pdf


公開したアンケートの結果から、iPadを利用している学生の評価として、94.9%の学生が「iPad無償配布は良かった」と答え(%は「そう思う」+「まあそう思う」の回答者率、以下同様)、89.6%が「iPadで資料が配布されるのは便利」と評価したことが示された。

授業中の利用については、辞書代りに「言葉の意味などを調べられるのが良かった」(97.4%)と高く評価されている。いつでもその場で利用できるiPadを持つことで「知りたいことを自分で調べる機会が増えた」(76.1%)という効果もみられた。
また、「学生どうしのコミュニケーション(メール、Twitter、SNSなど)の機会が増えた」は55.9%と過半数を少し上回った程度。これは、すでにケータイやスマートフォンで行っている学生も多かったことが影響している可能性がある(情報メディア学科長谷川教授)。「iPadで学生生活がより良くなった」は86.4%が肯定。授業でも授業外でも学習コンテンツが利用できるLCMS(Handbook)については94.1%が肯定的な回答をした。

授業中のiPad利用については、「Twitter利用」は71.8%(※訂正2011.8.8)は肯定的だが残りは否定的評価。
前述の結果とも一致して「iPadは辞書の代わりになる」が86.1%と肯定的に回答された一方、
「iPadは紙のノートの代わりになる」は55.6%(※訂正2011.8.9)の学生が否定的にとらえた。
iPadにはノートアプリなどもあり、実際に、授業中にiPadでノートを取っている学生も見られたが、一部の学生はiPadと共にノートパソコンを用いており、多くの学生は紙のノートを利用もしくは併用していた(同本多一彦教授)。

iPadを導入した海外の大学などで”ペーパーレス授業”の試みがなされたが、今回の学生評価としては、教員からの資料配布については電子化が肯定的だが、ノートを取ることについては否定的にとらえられた結果となった。これは、名古屋文理大でiPadについて、紙の代わりとかパソコンの代わりととらえるのではなく、まったく新しい情報端末として学習への利用を考えるべきだ(同大学iPad教育利用研究会)としてきた姿勢に一致する結果であると言える。

いずにせよ実際にiPadを利用してきた同大の学生は、「iPadは学習に役立つ」(88.9%)との肯定的回答をしており、「iPadはもっと多くの授業で使いたい」(91.7%)のように、さらなる授業利用を望んでいる姿が、結果に表れた。

アンケート結果の詳細は、モバイル学会第12回モバイル研究会「モバイルと情報メディアの未来」(9月3日名古屋文理大)http://www.mobilergo.com/event/2011/110903.html
などで報告予定。
[PR]
by ha_se_don | 2011-08-04 02:46 | 研究用

名古屋文理大学はせがわ研究室の研究日誌+名古屋文理大学 情報メディア学部長 長谷川聡のブログ+名古屋文理サイエンスサークル(NBSC)の掲示板


by ha_se_don